化粧水が浸透しないで乾燥してしまう原因と必要な対策方法

MENU

化粧水が浸透しないから乾燥してしまう

化粧水をたっぷり塗っても浸透しないからすぐに乾燥してしまうと感じている女性は多いのではないでしょうか。


私もお風呂が上がりや洗顔後にしっとりタイプの化粧水をベタベタするほど大量に使っていたのに、すぐに顔がつっぱってしまうのが悩みでした。


どうしたら化粧水の美容成分をしっかりと浸透させることができるのか分からなくて、パッティングをしたりフェイスマスクを使用したりしてみましたが改善することはありませんでした。


その理由は、当時は潤いのあるきれいな素肌にを作るには「化粧水が肌の内側まで入っていかないといけない」と勘違いしていて、一番大事な「水分が蒸発しにくい肌を作ること」を全く意識していなかったからです。


私と同じように化粧水が肌の奥まで入らないと感じるからといって、どうにかして美容成分を肌の内側に浸透させようと勘違いしている方は、潤いをしっかりと閉じ込めておくことができる肌を作る必要があるのです。


そのためにも、化粧水が浸透しないと感じる原因や、適切な対策方法、おすすめの化粧品などを紹介しますので、日々のスキンケアの参考にしてみて下さい。


どんなコスメを使った方がいいのか?を知りたい方は「化粧水が肌に入らないと感じたときにおすすめの化粧品」へ移動して下さい。


化粧水が浸透しないと感じてしまう原因

年齢とともに乾燥しやすい肌になるのは誰もが経験することだと思いますが、それは化粧水が浸透しない肌になったことが原因ではありません。


化粧水を弾いてしまっていると勘違いしている方も多いのですが、主な原因は「潤いを維持することができなくなっているから」乾燥するのです。


この点をちゃんと認識するためにも


  • そもそも化粧水は肌に染み込まない
  • 古い角質が残り続けている
  • 潤いが逃げやすくなっている

という点をしっかりと整理しておきましょう。


そもそも化粧水は肌に染み込まない

化粧水が浸透しないと悩んでいる方の多くが誤解していることなのですが、初めから化粧水は肌に入っていかないものだということをまずは理解することが大切です。


化粧水を塗ると確かに潤うような質感になりますが、これは皮膚の表面に美容成分が一時的に存在しているためであって、決して肌の内側に染み込んでいるわけではありません。


なぜなら、皮膚には有害なものが入らないようにするためのバリア効果を持っているため、外側から水分が染み込まないようになっているのです。


もしも化粧水が皮膚の内部まで浸透するようになってしまったら、お風呂のお湯やプールの水、雨など本来は浸透させたくないものなど、炎症を引き起こすものや刺激を受ける可能性のある成分まで染み込んでしまいますよね。


そうならないためにも、基本的に皮膚は化粧水を肌の表面に一時的に水分を与えるだけで浸透しないものなのです。


古い角質が残り続けている

化粧水は浸透しないのは分かったけど、昔に比べてやっぱり肌が水分を弾いていると感じている方もいるでしょう。


これは角質が厚みを増していることが原因になっている可能性があります。


最初に化粧水は肌の表面までしか浸透しないと言いましたが、これは皮膚の表面にある「角質層」という部分がバリアとしての機能を持っているからです。


皮膚は外側から、表皮・真皮・皮下組織という3つの層から構成されていて、0.2mmほどの表皮の中でも最も外側にある0.02mmという薄い部分に角質層というものがあります。


この角質層は古くなると機能が低下していくため、本来は古くなると垢になって剥がれて新しく生まれ変わるターンオーバーと呼ばれるサイクルを繰り返して鮮度を維持しています。


しかし、年齢を重ねるごとに少しずつ新陳代謝が低下してターンオーバーが遅れてくるため、古い角質が残るようになります。


そうすると、皮膚表面の角質が厚みを増して角質肥厚(かくしつひこう)と呼ばれる状態になり、肌がゴワゴワとして化粧水を弾いていると感じやすくなる要因になるのです。


イメージとしては、同じ皮膚なのに角質が厚い手のひらや足の裏は、他の部位に比べて水分が浸透しにくいと感じますよね。


それと同じことが、ターンオーバーの乱れによって顔でも起こり、化粧水などを弾いているような気がするのです。


でも、肌がゴワついて水分を弾いているというのは感覚的な問題であって根本的な問題ではありません。


根本的な問題は、次に説明するように角質層の機能が低下して潤い逃げやすくなることなので、安易にピーリングなどをして逆に乾燥を促進させてしまわないないようにしてください。


潤いが逃げやすくなっている

これが根本的な原因なのですが、化粧水を塗っても浸透しない、すぐに乾燥してしまうと感じるのは、皮膚の内側にある水分が逃げやすい肌になってしまっていることが問題なのです。


美容成分が肌に入っていかないと思って化粧水を塗る量を増やしている方は、穴の開いたバケツにたくさん水を注いでいるようなものです。


皮膚にはバリアとしての機能があると言いましたが、このバリアの役割をするのが皮膚の表面にある角質層でしたね。


角質層はもともとは角質細胞と呼ばれる小さな細胞が多数集まって層状になった構造なのですが、どうしても角質間に隙間ができてしまうため、この隙間を細胞間脂質と呼ばれる油分で埋め合わせることで有害物質などの侵入を防いでバリア機能を維持しているのです。


さらに、細胞間脂質が角質層の隙間を埋めることで皮膚の内側にある水分が蒸発するのも防いでくれているのです。


でも、30代前半から後半くらいの年齢になると、ターンオーバーのサイクルが長くなって古い角質が残るようになり、そうすると潤いを保持する上で大切な細胞間脂質も少なくなってしまいます。


また、細胞間脂質はクレンジングや洗顔でも多少流出してしまうのなのですが、間違った方法または過剰にメイク落としや洗顔をしている場合にも細胞間脂質が不足してしまうのです。

そのため、皮膚が水分を維持するための能力が低下して、いくらたっぷりと化粧水を塗ってもすぐに乾燥してしまい、浸透しないと感じるようになってしまうのです。

化粧水が染み込まないと感じる時の適切な対策方法

化粧水が肌に浸透しない、染み込まないと感じる原因は、皮膚の内側の水分が蒸発しやすくなっていることなので、対策として大事なのは


肌が水分を保持できるように、角質層の隙間が細胞間脂質によって埋められていること

が大切です。


そのような肌を作るために具体的にどのようなことが必要になるかというと


  • 肌の新陳代謝を高める
  • 過剰なスキンケアをやめる
  • セラミド不足の改善

という3つです。


具体的に実践すべきことや注意すべき点をしっかりと抑えておきましょう。


肌の新陳代謝を高める

原因ついての説明でお話ししたように、加齢などによって新陳代謝が低下してターンオーバーが乱れると細胞間脂質の減少した古い角質が増えていきます。


そのため、肌の新陳代謝を高める(低下したものを改善する)ことが大切です。


年齢とともにターンオーバーが乱れるのは仕方がないので、実践すべきこととしては睡眠時間の確保と生活リズムを整えることです。


皮膚のターンオーバーは睡眠中に行われるというのはご存知の方も多いと思いますが、ただ眠っていればいいわけじゃなく、ノンレム睡眠と言われる深い眠りについている必要があります。


この深い眠りは約1時間半毎に4回〜5程度繰り返さされるので、最低でも6時間は眠った方がよいと言われているのです。


また、深い眠りにつくためには睡眠のリズムをある程度整えることも重要で、生活リズムがバラバラで体内時計が狂っていると眠っているつもりでも深い眠りに陥る回数が少なくなったりして、ターンオーバーも正常に行われナックなる可能性があるのです。


そのため、肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを整たいのであれば、睡眠時間だけじゃなく生活リズムを整えることが重要であるため、数日だけたくさん寝るのではなく、体内時計が整うまでの期間は一定の生活リズムを継続しする必要があると覚えておきましょう。


過剰なスキンケアをやめる

過剰なクレンジングや洗顔は、細胞間脂質をたくさん流出させてしまうので、結果的に乾燥しやすくなって潤いのある美肌を維持するのが難しくなってしまいます。


そのため、化粧水が浸透しないと感じている方は、保湿だけじゃなくてメイク落としや洗顔についても見直してみることを忘れてはいけません。


特にメイク落としにオイルクレンジングのような洗浄力の強いものを使っている場合は、本当にそこまでの洗浄力がj必要なのか?ただメイクを簡単に落とせるといった理由だけで使っていないか?もう一度確認してみましょう。


乾燥しやすい肌でナチュラルメイクの場合は、できるだけ肌に負担をかけないためにもダブル洗顔不要のクレンジングを使ってみて下さい。


それだけでも肌への摩擦を減らして刺激を抑制する効果が期待できるので、乾燥しやすい肌を改善して健康な素肌をつくりたい方にとってプラスになると思います。


セラミド不足の改善

睡眠の改善や過剰なスキンケアを見直してみても、やっぱり加齢によって細胞間脂質は減少してしまうものです。


だから、できることなら不足した分を補給してあげたいですよね。


不足した細胞間脂質を補給するためにどのような対策が必要かというと、セラミドを補給することなのです。


乾燥肌対策などの化粧品に多く採用されているのでセラミドという成分を聞いたことはあると思いますが、角質層の隙間を埋めて水分保持やバリア機能として作用している細胞間脂質というのは実はセラミドのことなのです。


そのため、生活習慣や洗顔方法などを見直しても化粧水が入っていかないと感じたり保湿をしてもすぐに乾燥してしまうという方は、セラミドを配合した化粧品を日々のスキンケアに取り入れてみて下さい。

化粧水が肌に入らないと感じたときにおすすめの化粧品

化粧水が浸透しないと感じている方の対策としは、肌の潤いを保持する力を改善することが大事で、そのためには不足したセラミドを補ってあげる必要があることは理解していただけたでしょう。


 

では、どのような化粧品を選ぶべきかというと、人間の肌で作られるセラミドに近いと言われる「ヒト型セラミド」を配合した化粧品です。


 

そして、ヒト型セラミドを配合した化粧品としておすすめなのが「エトヴォス」のモイスチャライジングセラムです。


 

エトヴォスモイスチャライジング

 

加齢とともに失われるセラミドが乾燥肌や敏感肌の原因になっていることに着目して、ヒト型セラミドを採用したスキンケアライン。


 

セラミド以外にも、肌が本来持っている保湿成分であるNMF(天然保湿因子)やヒアルロン酸なども配合しているので、潤いの補給しながら逃がさない肌をしっかりとサポートしてくれます。


 

もしも化粧水が浸透しないと感じていて、今使っている化粧水や美容液では改善しないという方は、エトヴォスのモイスチャライジングを試してみて下さい。


 

2週間分の洗顔、化粧水、美容液、クリームの4点セットを、送料込み1,900円(税抜)で試すことができます。